遊び心と絵本創作    ~はしれ!三原さい!~

絵本創作への思いや日々の遊び心を主にイラストを通して綴っていきます。

ブックカバー自由形・個人メドレー

こんにちは。三原です。

最近本の紹介をよく見かけるなあと思っていましたが

ブックカバーチャレンジというものがあるそうですね♪

けれども三原はツイッターもやっていないし

他人さまへリレーとかバトンとかするのが

ものすご~く億劫なため、全然関係なく前から

紹介したかったお気に入りの本を自由に個人で

紹介したいと思います^^

 

f:id:saimihara:20200514220310j:plain

『おさるが ふねを かきました◇ほか

村図書出版株式会社  2002年3月1日第1刷発行

 


数年前に古本屋さんで偶然出会った本です。

なんといっても国語の教科書に載っていた詩を

集めたものというのに興味深々!

子どもの音読の宿題を聞いていると、私も国語で習った!

この詩は誰々先生が書いた詩だったんだ!とか改めて

感激することがあり、この本の中にも皆さんご存じ

『おなかの へる うた』(阪田 寛夫)も入っています。

タイトルの『おさるが ふねを かきました』は

まど・みちお先生です。

最後の解説では阪田 寛夫先生がお書きになられていますが

童謡と詩の関係について大切なことを書かれていました。

恥ずかしながら、ああそうか、童謡も童謡詩という詩なんですね。

 

最近下手くそでも詩にチャレンジして

ああでもない、こうでもないと言葉を考えていると

 この本の中の詩を読むとどうして

こんなに短い言葉なのにぐっとくるのか。

とってもとっても単純なようで

それ以上の表現は見つからない。

でもフフフと微笑ましかったり、おどろいたり

だから詩は深い!という感想になるのでしょうか^^

収録されている詩のそれぞれの挿絵も可愛くて素晴らしいです。

 

☆ご覧いただきありがとうございました☆