遊び心と絵本創作    ~はしれ!三原さい!~

絵本創作への思いや日々の遊び心を主にイラストを通して綴っていきます。

絵本『おおにしせんせい』

先日こんな絵本と出合いました。

 

f:id:saimihara:20200817141811j:plain

 

『おおにしせんせい』

作:長谷川義史 2019年9月17日第1刷発行 株式会社 講談社

前から読んでみたかった絵本。

図書館にやっとありました。(図書館のシールは隠させていただいています)

 

子どもの頃、こんな先生に出会いたかった。

 

絵を描くことと心の奥底は深く関係していると思っています。

 ささいな言葉で描くことをためらう。

抜群に上手い人の絵を目の当たりにして

その差に落ち込む。

その後の人生、描けない、描かないという選択さえもしてしまう。

 

ずっと心の奥深いところにあったものに

寄り添うように、この絵本のページをめくる度に

目頭が熱くなりました。

”よしふみ”少年が廊下に耳をあてるシーン。

目が離せなくて、ずっと眺めていました。

 

”この ろうか、その ちゃいろに みえますか。” (※)

 

”それが ほんまの、あんたの ろうか” (※)

に辿り着くために、今は腕を動かしています。

だって、その”ろうかのいろ”は

自分にしか出せない色だから。

 

 

※一部絵本より文を引用しています。

 

☆ご覧いただきありがとうございました☆