遊び心と絵本創作    ~はしれ!三原さい!~

絵本創作への思いや日々の遊び心を主にイラストを通して綴っていきます。

さらっと作品紹介ーその⑥。

f:id:saimihara:20210108165808j:plain

こんにちは。三原です。

年が明けると何かとバタバタしていて

なかなかブログを開けず更新が遅くなりました^^;

今年もメインキャラクターと共にどうぞ宜しくお願いいたします♪

 

広報ポッポさんと年明け初めの内容は何にしようか

こたつでまったりしながら話しましたら

去年の絵本作品の紹介から始めましょうか?

となりましてね。(※フィクションです)

それでは早速振り返って(反省して?)みます。。。

 

 

 

f:id:saimihara:20210108171535j:plain

 

『あいぼう』(2020年)

作 三原 さい

第21回ピンポイント絵本コンペ 2次選考通過作品

 

<あらすじ>

あかいくちばしは カラスのおやぶん。

きいろいくちばしは こぶんのさんきちです。

ただいま えさを ねらっている まっさいちゅう。

さんきちは しずかに おやぶんのあいずを まちます。

(冒頭より略して抜粋)

 

ところが この2羽のカラス。

とっても”律儀”なゆえに。。。

えさを取るのがとっても下手くそ。

f:id:saimihara:20210108173330j:plain
f:id:saimihara:20210108175828j:plain



けれども美味しいものをさんきちに食べさせて

あげたいおやぶんは妥協しません。

 

「ええか さんきち。ああいうんは うまいもんとは いわん」

「ほな どんなんが うまいもんなんですか?」

f:id:saimihara:20210108174452j:plain

 

2羽のカラスは”うまいもん”を求めて

なにやらおおさわぎをおこします。

はたして2羽のカラスは無事に”うまいもん”にありつけたのでしょうか?

f:id:saimihara:20210108175707j:plain

 

f:id:saimihara:20210108175844j:plain



この作品は人間以外を主人公にした初めての挑戦でした。

キャラクターを重点的に考てみたのですが

お話がなかなかうまく進めませんでした。

※過去記事に書いた通りですが

色々反省だらけで今回振り返るのがちょっと恐々でした^^;

 

ただキャラクターはとても好きでした。

こういうカラスが描きたいというのが無意識にあったのですが

このカラスの親分を見て夫が一言。

 

「これ親父やん!」

 

えっ?!

確かに。。。亡き義父にそういえば似ているかも。

そしてさんきちは孫(子)?

確かに。。。二人はこんな感じだったかも。

 

漠然と、でもこんなのが描きたい。

それは案外こういう形で認識するのかもしれませんね。

 

f:id:saimihara:20210108182041j:plain

 

長くなりましたが、自身の作品記録としても書かせていただきました。

 

 ※関連過去記事

saimihara.hatenablog.com

 

 

☆最後までお付き合いくださりありがとうございました☆