遊び心と絵本創作    ~はしれ!三原さい!~

絵本創作への思いや日々の遊び心を主にイラストを通して綴っていきます。

淘汰されていくもの。

 こんにちは。三原です。

このブログを書いている今はとてもいいお天気です♪

 

先日予想外のことがありまして

憧れの?いえ、興味がとてもあったデジタル作画が

出来るようになりました。

と言っても無料アプリを使ったまだお絵描きです。

 

f:id:saimihara:20210207154542j:plain

 

初めてのオールデジタル作画。

が、これですか⁈^^;

相変わらず普通に描かないですね。。。

出来るだけ普段の手描きと変わらないような

描き方にしました。

ちなみにポッポさんが持っている缶には”SOY”と書いてあります。

 

目まぐるしく変わる世界。まだ定まっていない行方。

毎日過ごす中で良いこともあればそうでもないこともある。

考えないようにしていても時には色々思う日がありますよね。

 

今時子どもの方がお絵描きソフトで絵を描くことの方が

多いかもしれません。

現に私も長押しして操作する単純なことが分からなくて

うちの子に聞いた方があっさり解決してしまい

正直くやし~!と思ってしまいます(゚д゚)

 

デジタル、思った以上に慣れると便利です。

 

同時に生まれる葛藤。

 

これからの手描きはどうなるのだろう。

 

手描きの良さは何と言っても原画を

直接見た時に受ける感動です。

自然の光の中で受ける表現の美しさ。

でも今、原画展など何とか行われているところもあるけれど

行きたくても電車に乗って駅の人混みを抜けて行くのは

やはり足踏みしてしまいます。

 

コロナ渦で増々加速するデジタル化。

本当に便利です。

リスク回避で人の命にも生活にも大変役立っています。

 

またアニメーションや動画の人気で圧倒的にスマホ画面や

液晶画面で映像を見ることが増えました。

デジタルで見るものはデジタルで作ったものと相性抜群ですね。

 

実際私は手描きで描いている絵を液晶画面で見せようとすると

せっかく描いた色が見事に変換されたり映らなかったり。

あげくに妙な紙の影がスキャンされて白い画面が汚くなったり;;

ロゴやスタンプ、グッズなど工業デザインを目的としたものを

もし作ろうと思ったら手描きは難しいと思っていました。

 

人間が人間らしさを活かして鍛錬や積み重ねで得たもの。

直接人の目に触れて与えることが出来るもの。味わうもの。

これらはどうなるのでしょう?

全ての素晴らしい職人、アーティストやパフォーマー等の

方々が積み重ねてきた上にある芸術が

どうか決して淘汰されませんように。

 

f:id:saimihara:20210207162220j:plain

 

何だか分からないけれど自分の中の葛藤と抵抗を含めて

手描きの絵を最後に添えます。

 

☆ご覧いただきありがとうございました☆