遊び心と絵本創作    ~はしれ!三原さい!~

絵本創作への思いや日々の遊び心を主にイラストを通して綴っていきます。

ゴールデン読書ウィーク。

f:id:saimihara:20210502213233p:plain

こんにちは。三原です。

まるでじっとしていろと言わんばかりに

連休前半且つ自粛中のお天気は荒れ模様でした。

図書館、本屋さんが休業なのは正直痛いところです。。。

 

トップの絵は先月描いたこけしさんの絵です。

最近可愛いこけしを目にするので

私も描いてみたくなって描きました。

 

本当はバックの五線をマスキングして

白地を浮き上がらせたかったのですが

剥がすときに紙が破れてしまいました(;゚Д゚)

急きょコラージュ的にお花を作って貼ったのでした^^;

 

さてさて、以前瀬尾まいこさんの『君が夏を走らせる』を読んでから

同じく瀬尾まいこさんの『僕らのごはんは明日で待ってる』(※①)を読んでいると

書いたのですが、読了しています^^

 

f:id:saimihara:20210502220126j:plain

これら2冊は図書館でその時借りた本です。

その時重松清さんの列が目に入ったのです。

あっ!『カレーライス』の!

そうか、作者名サ行で同じ棚だったのかと

『空より高く』(※②)を一緒に借りたのでした。

 

 『僕らのごはんは明日で待ってる』は2016年に映画化されていたのですね。

その頃は殆ど子ども向けの映画しか観ていなかったかも^^;

なので感想は割愛。

 

全くの個人的な好みですが、『空より高く』良かったです。

特に”ムクちゃん”がいい!

主人公とその友人二人がせわしなく走る電車だとしたら

その横をタタンタタンとほのぼのマイペースに走る単線の電車のよう^^

そして人物の心理描写が深い!

一見何事もなく見えるような人それぞれが皆何かを抱えている。

それぞれが対峙している。周りの影響を受け、見守ったり

受け入れ尊重し乗り越えていく。

今いる”自分”が成り立っていくさまを感じるような読感でした。

 

またこのコロナの時代にリンクするようなところもあり

今読んで欲しいと思うような本でした。

 

 

f:id:saimihara:20210502220617j:plain

 それからこれは話題の本。『推し、燃ゆ』(※③)

”推し”という表現の意味がどう使われるのか気になって

先月本屋さんで購入しました。

なるほど。だから芥川龍之介を読んでいるような。。。

なるほど。なるほど。 

 

f:id:saimihara:20210502235125j:plain

ふと自分の好みを思うと、そういえば高校生の時

山本周五郎の本が好きだったなあと思い出しました。

どんな話だったかはすっかり忘れてしまいましたが

いつも庶民に寄り添い人情を通わせる物語が

好きだったんだと思います。

 

☆ご覧いただきありがとうございました☆

 

※①『僕らのごはんは明日で待ってる』 

  著:瀬尾まいこ 幻冬舎 2012年4月25日発売

※②『空より高く』 

  著:重松清 中央公論新社 2012年9月25日初版発行

※③『推し、燃ゆ』

  著:宇佐見りん 株式会社河出書房新社 2020年9月30日初版発行

 

 

saimihara.hatenablog.com

 

 

saimihara.hatenablog.com