遊び心と絵本創作    ~はしれ!三原さい!~

絵本創作への思いや日々の遊び心を主にイラストを通して綴っていきます。

チェスト―!

f:id:saimihara:20210928143710j:plain

こんにちは。三原です。


これにピンときた人。もしや薩摩藩士ですね?

『ねこねこ日本史』(作そにしけんじ 株式会社実業之日本社)

好き過ぎて西郷さん(ねこ)と勝手にコラボファンアートを

描かせていただきました。

そにしけんじ先生の歴史ねこ達はもう絶妙な可愛さなんです。

それだけにキャラクターの比率が絶妙で難しかったです^^;

 

「チェスト―!」=気合入れていけよ。もしくは知恵を捨てよ(無心にうち込め) 

いずれも諸説ありではっきりしたことは分かってないみたいです。

薩摩の地元の方は言わないそうで、歴史小説から広まったとか云々。

とにかく「行け―!」という意気込みは感じますね^^

 

というわけでメンタル弱い自分に

気合いをいれねばならぬ時が来たようです。

ホラ貝が鳴ったんですよね。

全国で陣を張りだす光景が見えたんです。

 

でも本当は私は戦が嫌いです。

できれば何か違う形で絵本作家になる

チャンスがあったらいいのにと思いますが^^;

残念ながら有名人でもなんでもないので

コンテストに通るしかないのです。

「にげるニャ―!」と土方歳三ねこが言っています。

f:id:saimihara:20210929095923j:plain

『ねこねこ日本史』(作そにしけんじ 株式会社実業之日本社)

 

去年はコンクールにどこにも応募せずなので

来年度応募すれば2年ぶりぐらいになります。

1冊取り組むのに内容や個人差はありますが

最近は約1年かかっています。(←遅い(゚д゚)!)

 

ここでは結果以降でないと載せることは出来ませんが

絵本作りを始めて講座・独学含め早4年は経ったでしょうか。

それまでいろんな思いを経験しました。

 

だんだんと自分に足りないものが膨大に見えてきて

プロのイラストレーターさんや画家の方にまぎれて

どうしようもなく落ち込んだり

何のために絵本を描くのか何度も自分に問いかけてきました。

 

9割苦しいとばかり言っている気がしますが

一つの形になる喜びは9割の苦しいことを忘れてしまいます。

そしてまたお話を創りたくなるのです。

読者は子どもたち。

いつか子どもたちをクスっとさせることが出来れば

私の最大の喜びです^^

 

まだまだ 

これから、これから。

これからも 多分ずっと創り続けるのだと思います。

 

☆ご覧いただきありがとうございました☆

 

チェスト―!

 

saimihara.hatenablog.com

 

 

↓過去作品まとめ

saimihara.hatenablog.com