遊び心と絵本創作    ~はしれ!三原さい!~

絵本創作への思いや日々の遊び心を主にイラストを通して綴っていきます。

週末読書。『カレーライス』

こんにちは。三原です。

出かけられない週末に備えて

久しぶりに活字を欲して本を買いました。

f:id:saimihara:20210117202836j:plain

 

 『カレーライス』

重松清 著 

木内達朗 カバー装画

株式会社新潮社  令和2年7月1日発行(令和2年11月5日4刷) 

 

もちろん装画買いです。

漠然と何か読みたいなあと思っただけで

特に何の情報も耳にせず、この装画が目に入ったのです。

私は本選びが苦手でして、どうも昔から絵がないと。。。^^;

本屋にずらりと並んだ背表紙を見るとどれを手にしていいやら

萎縮してしまうのです。

 

読み始めたのが夜。

間違えた。これは明日の穏やかな午前中。

もしくは午後のティータイムに読むべきだった。(あくまで私個人に向けてです)

なぜなら沢山考える、感じることがあって

同時に”あの頃”の自分の深い心の鍵を開けて

辿っていくことになるからです。

 

f:id:saimihara:20210117213527j:plain

(↑これは勝手にイメージした自作の絵です)

 

開ける予定が無かったこの“禁断の扉”の鍵を開け

あれれれ......と扉の先を進み始めてしまいました。

幸運なことに?この本は9話のお話を収録したものだったので

2話だけ読み、強い意志を持って切り上げて寝ることに。

 

次の日、3話目から。

何かが、ゆっくり動いて行く......

5話目。

“そんなつもり”じゃなかったのに。

何かが溢れてしまいました。

 

作者の重松清先生はあとがきにも書かれていますが

国語の教科書や試験問題としてよく掲載されてきたそうです。

(それについてあとがきに書かれている部分も面白いです)

 

それは存じ上げなかったのですが(私の年代的に^^;) 

私はむしろ問題に対する答えという内容とは逆に

ああ 答えはないのだな

と思いました。

けれどあの頃、その時、こう感じ、過ごしたことを

しっかり捉えて逸らさない。逃がさない。

大切なこと。

向き合ってほしいからこそ国語として掲載されたのかも

しれませんね。

 

そんな風に思いました。

あの頃は断然こっち(子ども)側。

大人になった今はいつの間にかあっち(大人・親)側に。。。

 

自作の過去作品で描きたかった主人公の気持ちも

実は共通するところがあって

誰にもある弱い気持ち、うまく言えない気持ち

そう思った真っすぐな気持ちを描きたかったのです^^

 

文章の苦手な者が長々書いてしまいました。

乱筆乱文お許しください。

 

追伸:久しぶりに文庫を読むと読む速度が格段と遅くなっていて

びっくりしました( ゚Д゚)

 

saimihara.hatenablog.com

 

 

 ☆最後まで読んでくださりありがとうございました☆